News

2017年

4月

16日

atelier VITIS 佐藤一紀(vn.)×堤聡子(pf.)/オール シューマン プログラム

 

5月20日(土) 15:00、JR摩耶/阪急王子公園徒歩5分・日本基督教団 神戸平安教会にて、

atelier VITIS(アトリエ ヴィーティス)第4弾、

 

 

佐藤一紀(ヴァイオリン) × 堤聡子(ピアノ) デュオコンサート

オール シューマン プログラム

 

を開催いたします。

 

共演は、多方面でのご活動が注目されるアンサンブルのスペシャリスト、佐藤一紀氏。

atelier VITISシリーズ第1弾の『オール プラームス プログラム』以来、閃きに満ちた音色を聴かせて下さるヴァイオリニストです。

 

今回は、R.シューマン後期ソナタを中心としたプログラムをお届けします。

 

「人間の心の深奥へ光を送ること、これが芸術家の使命である」と語ったシューマンは、ピアノ作品・歌曲作品と同様に、痛ましくも美しい優れた室内楽作品を残しています。

 

 

皆様と共に、親密な空間で音楽の呼吸を感じ、その魂に心を寄せる…。

ぜひ、お誘い合わせの上、ご来聴ください。

 

詳細は Concert Activities まで。

チケットのお申し込みはこちらでも承ります。

 

0 コメント

2017年

2月

10日

御堂でDo!! Classic vol.2

3月4日(土)、神戸・敬覚寺さんにて行われるコンサートシリーズ、第2弾に出演させて頂きます。

 

盛況だった昨秋の第1弾に引き続き、ヴァイオリニスト・谷本華子さんとのデュオ。

プログラムは、ベートヴェンの名曲ソナタ「春」、ストラヴィンスキーの新古典主義作品「イタリア組曲」ほか、多彩です。

今回はほんの少し、ピアノソロも演奏します。

 

詳細はConcert Activities をご覧下さい。

 

チケットのお申し込みは、こちらからも承ります。

 

未就学のお子様のご来場も大歓迎です。

お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

0 コメント

2016年

10月

06日

今日ナニ聴く? vol.1 〜ちょっとアメリカへ寄り道

 

10月15日(土)に引き続き…

 

10月21日(金)、JR甲子園口のアートスペース萌芽さんにて、ヴァイオリニスト・谷本華子さんの新シリーズ「今日ナニ聴く?」に出演します。

 

50席の親密な場。

終演後にはちょっとしたパーティーも?!

 

ぜひお越しください。

詳細はConcert Activities へ。

 

0 コメント

2016年

8月

24日

御堂でDo!! Classic

10月15日、神戸のお寺でコンサートを行います。

 

共演の谷本華子さんは、幅広いレパートリーで大活躍されている素晴らしいヴァイオリニスト。

これまでも同じ舞台でご一緒した事はありましたが、今回は初めてのデュオ。 

ラヴェル、ガーシュウィンの名曲をはじめ、ほとんど知られていないビーチの小品など、プログラムも多彩です。

 

会場となる敬覚寺 本堂はJR摩耶駅すぐ。

スタインウェイのピアノがあり、とても響きの良い御堂とうかがっています。

 

詳細は、Concert Activities へ。

チケットのお申し込みはこちらでも承ります。 

 

ぜひお誘い合わせの上、お気軽にお越しください。

先着80席です。

 

0 コメント

2016年

4月

03日

atelier VITIS 『フレンチトリオの 美しき夕べ』

 

5月13日(金) 18:30〜、神戸平安教会に於いて、室内楽シリーズ atelier VITIS 第3弾を開催します。

 

今回はヴァイオリニストの佐藤一紀氏に加え、フランス各地で活躍するチェリスト・平野朝水さんと共に、近代フランス2つのピアノ三重奏を演奏します。

 

プログラム前半は、第1次大戦中に書かれた、M.ラヴェル円熟期の傑作。

後半は時代を少しだけ遡り、18歳のC.ドビュッシーが書いたロマンチックな作品をお届けします。

 

神戸の小さな会場/親密な空間で、皆様と共にアンサンブルに耳を傾ける時間を。

お誘い合わせの上、是非お越し下さい。

 

演奏会の詳細はConcert Activitiesへ。

チケットのお申し込みはこちらでも承っています。

 

 

「美しき夕べ」



沈む太陽が川の流れを薔薇色に変え、


生温かい微風が麦畑を駆け抜けるとき、


幸せになりなさいという声が万物から湧き上がり、


思い悩む心に込み上げてくるかのよう。



それは、現世の魅力を味わいなさい、


若く、夕暮れが美しいうちに、と勧める声。

なぜなら我々は去るのだから、あの波のように、

波は海へ、我らは墓へと。

 

ポール・ブルジェ原詩   

 

 

0 コメント

2015年

12月

12日

12/18 松方ホール プログラム詳細

既にご案内している神戸新聞松方ホールに於ける「渡辺純子門下生による記念コンサート」。

プログラム詳細が決まりましたので、取り急ぎご案内します。


幅広い世代の多彩なピアノ演奏をお楽しみ頂ける、華やかな舞台となりそうです。

お誘い合わせの上、是非お越し下さい。


チケットお申し込み、承ります。

なお、学生の皆様には特別料金でのチケットをご用意させて頂きます。

こちらからお問い合わせ下さい。


【第1部】(18:00-)
井口ひかる・渡邉いちご/A. ドボルザーク スラヴ舞曲集 第1番
金未卯/F. ショパン:バラード第3番
遠藤彩子/S. プロコフィエフ:ピアノソナタ第3番「古い手帳から」
秋山里菜/F. ショパン:ピアノソナタ第2番「葬送」第1楽章
渡邉いちご/R. シューマン:アレグロ ロ短調 作品8
西根里絵/S. ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 第1楽章
渡辺純子・中條裕子・崎谷明弘/S. ラフマニノフ:6手のための2つの小品 ワルツ・ロマンス
崎谷明弘/S. ラフマニノフ 音の絵 作品39-9 〜

【 第2部】(19:30-)
正住真智子/C. ドビュッシー:喜びの島
山中歩夢/E. グリーグ:抒情小曲集より 小人の行進・ノクターン
坂本彩/L. v. ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」第1楽章
福田真梨奈/B. バルトーク:2つのルーマニア舞曲
堤聡子/G. フォーレ:舟歌 第3番
中條裕子/G. ガーシュイン=中條:ラプソディ・イン・ブルーより
高石香/F. リスト ハンガリー狂詩曲 第12番 嬰ハ短調


(終演20:50予定)


0 コメント

2015年

12月

01日

渡辺純子 門下生による 記念コンサート

12月18日(金)18時〜、神戸新聞松方ホールにて、神戸時代の恩師・渡辺純子先生門下生による記念コンサートに出演します。

 

小学校低学年の頃から大学受験直前まで、渡辺純子先生の元でピアノやソルフェージュ、作曲を学びました。

 

当時、レッスンの中ではオーケストラのお話をよくして下さり、弦楽四重奏や室内楽のレコードも、たくさんお借りしました。

小学生だった私は、それらを父に頼んでカセットテープにダビングしてもらい、毎晩眠る時に聴いては、様々な音色や複雑な響きの豊かな世界に心をときめかせたものでした。

つい先日演奏したフランクやフォーレ、クライスラーなどのヴァイオリン×ピアノ作品の数々も、ふりかえってみれば全て、かつて先生から授けて頂き、心底憧れて飽きることなく聴いていた作品です。

 

今回は、14人の門下生が結集します。

多方面で活躍するプロピアニストから留学中/現役の大学生・高校生まで、多彩なピアノ演奏を楽しめる、華やかな舞台となりましょう。

 

取り急ぎ、出演者一覧・各奏者の簡単なプロフィールは、下記フライヤー画像を拡大してご覧頂けます。

プログラムの詳細は、追ってお知らせできる…かも。

 

チケットはこちら、またはチケットぴあにて承っています。

詳細はConcert Activitiesへ。


久々の神戸新聞 松方ホール。

お誘い合わせの上、是非お越し下さい。

 

0 コメント

2015年

10月

09日

atelir VITIS 佐藤一紀(Vn.)×堤聡子(Pf.)デュオ・コンサート

11月28日、コンサートシリーズ atelier VITIS【第2弾】を開催します。


神戸の小さな会場/親密な空間で、皆様と一緒にアンサンブルに耳を傾ける時間を。
第1弾に引き続き、ヴァイオリニスト佐藤一紀さんとの、デュオプログラムです。

お誘い合わせの上、是非お越し下さい。


プログラム等、詳細はConcert Activitiesへ。

チケットのお申し込みはこちらでも承っています。


2015年11月28日(土) 14:00開演(13:30開場)

日本基督教団 神戸平安教会交通アクセス

 

阪急王子公園駅より徒歩5分・JR灘駅より徒歩12分

※駐車場はありませんので、お車でのお越しはご遠慮下さい。

 

フライヤーデザイン:才村昌子
フライヤーデザイン:才村昌子
0 コメント

2015年

8月

18日

「神戸平安教会 創立100周年記念コンサート」のご案内

  クリックで拡大
  クリックで拡大

 

9月19日(土)、神戸市立灘区民ホール 大ホールにて開催される「神戸平安教会 創立100周年記念コンサート」に出演します。

 

日本基督教団 神戸平安教会には、今年5月に立ち上げたコンサートシリーズ atelier VITIS (アトリエ ヴィーティス) にて多大なご協力を頂きました。

 

今回は、教会が企画した入場無料の記念コンサート。

私が出演するのは、第1部のみ、

 


J.S.バッハ作曲  (F.ブゾーニ編)

シャコンヌ BWV1004


J.S.バッハ作曲  (M.ヘス編)

「主よ、人の望みの喜びよ」

カンタータBWV147

 


の2作品を演奏予定です。

 

 

コンサートの第2部では、教会設立にゆかりのある関西学院大学の、グリークラブの演奏をお楽しみ頂けるとうかがっています。

 

どうぞお誘い合わせ、整理券をお申し込みの上、ご来聴下さい。

 

整理券は先着順です。

こちらからメッセージにてお申し込みいただくか、神戸平安教会(☎078-861-3668)までお問い合わせ下さい。

 

 ✜  ✜  ✜

 

 

◎日時:2015年9月19日(土)

    午後1時30分(午後1時開場)

 

場所:神戸市立灘区民ホ-ル 大ホール (5階)

 

出演者:堤 聡子(ピアニスト)

 

     関西学院グリークラブ

 

入場料:無料(要整理券)

 

 
※託児も行います。(但し、事前予約が必要)
0 コメント

2015年

6月

19日

堤聡子 ピアノコンサート in 十勝

さる6月17日、北海道・十勝地方にて、小さなサロンコンサートを行ないました。

 

 

■ 堤 聡子 ピアノコンサート ■

 

2015年6月17日(水)  13:30開演 (13:00開場)

 北海道・中礼内農村休暇村フェーリエンドルフ 市庁舎2階

三國ピアノ・サロン


◎プログラム◎

 

F.リスト:3つの演奏会用練習曲より「ため息」

R.シューマン:森の情景 op.82

F.ショパン:バラード 第3番 op.47

 

(珈琲のフリーサービス&トーク)

 

●企画●

十勝菓子工房 菓音

 

●協賛●

中礼内農村休暇村フェーリエンドルフ

 

 

※ ※ ※

 

コンサートを企画をして下さった十勝菓子工房 菓音・代表の甲賀静香さん、多大なご協力を下さった中札内農村休暇村フェーリエンドルフの西惇夫社長とスタッフの皆々様、そして見知らぬピアノ奏者の演奏に接するため駆け付けて下さった方々に、心から感謝申し上げます。

 

北海道のレポートなど、ほんの少しまとめたいと思います。

 

(つづく)

 

0 コメント

2015年

5月

14日

【緊急告知】チケット完売のお知らせ

5/30(日)に開催予定の atelier VITIS 佐藤一紀(Vn.) × 堤聡子(Pf.) デュオ・コンサート は、おかげをもちましてチケット完売となりました。

多くのお申し込み、有り難うございました。


0 コメント

2015年

5月

10日

atelier VITIS (アトリエ ヴィーティス)

 

5/30に開催予定のデュオ・コンサート

あらたに立ち上げたコンサートシリーズ、atelier VITIS (アトリエ ヴィーティス)の第一弾です。

 

atelier VITIS (アトリエ ヴィーティス)

VITIS (ヴィーティス)とは「葡萄」の学名(ラテン語)。

世界で最も古い果樹の一つである葡萄は、多様な文化の中で歴史をかさね、歓待・豊穣・快楽・陶酔・知恵・善行・不死・復活、そして救世主など、実に多彩な象徴的意味を持っています。

親密な空間で音楽の呼吸を感じ、その魂に心を寄せる。小さな種が、やがては有形無形の豊かな実りをもたらすことをねがい、このコンサートシリーズをatelier VITIS (アトリエ ヴィーティス)と名付けました。

日本基督教団・神戸平安教会にて、年1〜2回の開催予定です。

2015年

4月

19日

佐藤一紀(Vn.)×堤聡子(Pf.) デュオ・コンサート/オール ブラームス プログラム

おかげをもちまして、チケット完売しました。

多くのお申し込み、有り難うございました。


5月30日、念願だったコンサートシリーズを始動します。


神戸の小さな会場/親密な空間で、皆様と一緒にアンサンブルに耳を傾ける時間を。
第一弾は、2013年に好評だったヴァイオリニスト佐藤一紀さんとの、オール ブラームス プログラムです。


atelier VITIS

佐藤一紀(ヴァイオリン) × 堤聡子(ピアノ)

デュオ・コンサート

 

■オール ブラームス プログラム■

frei aber einsam / frei aber froh!

自由に、しかし孤独に / 自由に、しかし楽しく!



2015年5月30日(土) 14:00開演(13:30開場)

日本基督教団 神戸平安教会交通アクセス

 

阪急王子公園駅より徒歩5分・JR灘駅より徒歩14分

※駐車場はありませんので、お車でのお越しはご遠慮下さい。

 

フライヤーデザイン:才村昌子
フライヤーデザイン:才村昌子

お誘い合わせの上、是非お越し下さい。

プログラム等、詳細はConcert Activitiesへ。

チケットのお申し込みはこちらでも承っています。

0 コメント

2014年

9月

13日

八幡市民オーケストラ 第44回定期演奏会

10月26日(日)、八幡市民オーケストラ 第44回定期演奏会にて、ソリストをつとめます。

 

演奏するのはアメリカの作曲家、ガーシュインピアノ協奏曲 ヘ長

とてもとても魅力的な作品です。

 

指揮は、東京を拠点に国内外の数々のオーケストラ、オペラ公演などでご活躍されている三河正典氏です。

 

八幡市民オーケストラの皆様とご一緒するのは今回で4度目。

三河氏の指揮の元で弾くのは2度目です。

 

作品については、また後日。

 

チケット申込、承ります。

詳細はこちらへどうぞ。

 

 

八幡市民オーケストラ

 京都府八幡市で活動する、1982年に発足したアマチュアオーケストラです。現在の団員数は約70名で、八幡市や近隣の枚方市・京都市その他広範囲から集まってきています。プロの奏者は皆無で、日常練習を見るプロのトレーナー、 特定の音楽監督等も置かない純粋アマチュアオーケストラですが、 より良い演奏を目指して日夜努力し、 練習後も活発に意見交換しています。
 活動の中心は年2回の定期演奏会です。 他に室内楽演奏会や親子コンサートなどを開催・参加しており、 また数年に一度「やわた市民音楽祭」に参加しています。演奏曲目は、ベートーヴェンやブラームスなどの定番的な作品に加え、バルトークやヒンデミットなどの近現代作品にも意欲的に取り組んでいます。近年ではヴェルディ「レクイエム」、マーラー「交響曲第5番」、ベートーヴェン「交響曲第9番」などの大曲を演奏、また八幡にちなんだ委嘱作品・平野一郎「八幡縁起」の世界初演を果たしています。 2012年に創立30周年を迎え、記念演奏会にてマーラー「交響曲第9番」を演奏しました。

(以上、八幡市民オーケストラHPより)

0 コメント

2014年

6月

15日

天野武子 -チェロと共に生きて-

 

東京と名古屋で行なわれる、チェリスト・天野武子先生のリサイタルに出演することになりました。

 

 

6月26日(木)は、東京・ひらつかホールにて。

7月12(土)は、名古屋・宗次ホールにて。

 

 

天野先生とは、昨年11月の演奏会で初めてご一緒して以来、二度目の共演。

 

プログラムには、前回演奏した平野一郎氏の新作に加え、J.S.バッハの無伴奏組曲、G.フォーレのソナタや小品、カザルスにも縁の深いG.カサドの小品が並びます。

 

チェロと共に生きて…。

 

 

名古屋公演は、天野先生が受賞された「平成24年度 愛知県芸術文化選奨文化賞」の、記念のコンサートでもあります。

 

 

演奏会の詳細はこちら

チケットご希望の方は、こちらからもお問い合わせ下さい。

0 コメント

2014年

5月

06日

チェンバロ

5/11(日)、兵庫県立芸術文化センターにおける 第81回 芦屋交響楽団定期演奏会 に、チェンバロ奏者として賛助出演します。

 

指揮は山下一史氏。 

芥川也寸志作曲『チェロとオーケストラのためのコンチェルトオスティナート』(チェロ独奏 藤森亮一)での参加です。

 

モダン(大型)チェンバロを念頭に書かれたものを、今回は工夫をこらして、ヒストリカルチェンバロで弾く予定です。

 

練習では、様々に魅力的な楽器に触れさせて頂く、またとない機会となりました。

ピアノ奏者 鍵盤楽器奏者にとって、楽器との一期一会は大いなる楽しみ。

 

長年お世話になっている芦屋交響楽団の皆様との、新たなチャレンジです。

 

チケットご希望の方は、こちらからお問い合わせ下さい。

詳細は芦屋交響楽団HPへ。

上:REINHARD VON NAGEL(兵庫県立芸術文化センター所有)

中:古楽器製作工房 平山(梅岡楽器サービス所有)

下:Haruyama Harpsichord (春山工房所有)

0 コメント

2013年

11月

17日

第5回 神戸平安教会チャペルコンサート

 

ご好評いただいた昨年に引き続き、

12月1日(日)、神戸平安教会でのチャペルコンサートに出演します。

 

今回はヴァイオリンとのデュオ。

共演は各方面でご活躍の佐藤一紀氏です。

 

氏とはこれまで、新作の初演等で幾度もご一緒させて頂きましたが、デュオの本格古典作品を共演するのは初めて。

 

親密な空間でのワンコイン(!)コンサート。

J.S.バッハ、モーツァルト、フランクのソナタを演奏予定です。

 

演奏会の詳細はこちら

0 コメント

2013年

11月

07日

第30回 現音作曲新人賞本選会

昨日11/6、東京オペラシティリサイタルホールにおいて開催された「第30回 現音作曲新人賞本選会」

 

平野一郎氏作曲の

 

海の幸・天平の面影 

蒲原有明の詩に拠る;

ソプラノとピアノの為の二連画(ディプティーク)

 

を初演して参りました。

共演は吉川真澄氏。

 

結果、平野氏はこの作品で 富樫賞聴衆賞を受賞 されました。

 

私にとっては、コンクール審査対象としての"初演"という、いくぶん特殊な舞台でしたが、作品の価値を聴衆に届けたい、との想いはいつもと同じ。

 

聴衆の皆様に少しでも伝わったなら、冥利です。

 

0 コメント

2013年

10月

11日

祈りのガラシャ

11月15日(金)、京都府宮津市で開催される演奏会に出演します。

 

細川忠興公・ガラシャ夫人生誕450年記念演奏会

■祈りのガラシャ■

〜天野武子(チェロ)& 堤聡子(ピアノ)デュオ・コンサート〜

監修:平野一郎

主催:細川忠興公・ガラシャ夫人生誕450年記念事業実行委員会

 

 

共演は、名古屋県立芸術大学名誉教授のチェリスト天野武子先生。

これまで、その母性に満ちたチェロの演奏に接する機会はありましたが、今回、初めてご一緒させて頂くこととなりました。

 

プログラムには、天野先生の委嘱・初演作品「たらちねのうた」をはじめ、作曲家・平野一郎氏の丹後地方に伝わる祭礼をもとに生まれた作品「二つの海景」(pf.ソロ) が並びます。

 

そして、この演奏会の為の新作「伽羅奢(ガラシャ)〜チェロとピアノに依る連祷〜」が初演の予定。

 

宮津の山奥・味土野(みどの)は、細川ガラシャが本能寺の変の直後に幽閉されたといわれる土地です。

父・明智光秀を失い、明日をも知れぬ孤独な生活の中、この地でキリスト教への信仰を深めた、とも伝えられています。

 

私が味土野を訪れたのは、酷暑の夏。

険しい山道をくぐり抜け、たどり着いた先は、緑生い茂り、桔梗の花が凛と咲き、鳥の声響き、蟻が地を這い、バッタが跳ねる、静かな場所でした。

雪深い土地のこと、冬の厳しさ寂しさはどれほどだろう…とも想いを馳せました。

 

神話世界、仏教世界の色濃い土地、と思われがちな丹後半島ですが、宮津には明治29年に建てられた日本で二番目に古いといわれるカトリック宮津教会 があり、けっして一筋縄ではいかないこの土地の人々の生活と精神のありよう、その奥深さを想います。

 

 

演奏会の詳細はこちら

デザイン:才村昌子
デザイン:才村昌子
0 コメント

2013年

7月

20日

レコーディング

7月16日〜19日、祇園祭に沸く京都を離れ、石川県津幡町文化会館シグナスにて、レコーディングを行なって参りました。

 

信念を持った素晴らしい技術師の方々との、濃密なかかわり合い/やり取りの中で、多くの事を学び経験させて頂きました。

0 コメント

2013年

5月

28日

レスピーギ:ローマの祭り

レスピーギ/ローマ三部作のひとつ、「祭り」。

多彩なオーケストレーションが見事な作品。

オーケストラ内で演奏されるピアノパートは4手の連弾です。

 

この作品を演奏するのは、高校生の時以来2度目。

5/26、楽しんで弾いて参りました。

 

 

0 コメント

2013年

2月

16日

モノオペラ『邪宗門』いよいよ迫る

来週2/22(金)、大阪いずみホールにて、芸術ユニット【音色工房】(平野一郎・佐藤一紀・吉川真澄・前田剛志・堤聡子)による、

 

女声と映像、15楽器によるモノオペラ
Mono-Opera for FemaleVoice, Visual & 15 Instruments
邪宗門
JASHUMON

〜南蛮憧憬の彼岸へ〜
~Beyond the Occidentalism~


 

が、いよいよ開催されます。

 

それに先立ち、雑誌「音楽之友」3月号に、左手のピアニスト舘野泉氏のインタビュー記事が掲載されました。

氏の委嘱作品である平野一郎作曲「微笑ノ樹」についても語られており、今年の夏には音楽之友社より楽譜も出版される事が決定したようです。

詳細☞ http://marebito.exblog.jp/19801414/

 

 

私にとって平野氏は、長年共同して来た同志。

つい先日も兵庫県明石市でのピティナ入賞者記念コンサートでゲスト演奏してまいりました。

レビュー記事☞ http://marebito.exblog.jp/19782718/

 

 

新しい作品に出会うとき、その都度に、受け手である私自身の「感応力」を痛切に突きつけられます。

試されるのです。

 

平野作品は、恐ろしく緻密で高度な作曲技術に支えられていると同時に、くめども尽きぬ奥行きある魅力に溢れています。

作品の中では、あらゆる次元の「もの言えぬ魂」がうごめきます。

一度聴いてすぐに理解出来る、といった類いのものではないかも知れません。

ですが、それは間違いなく、我々の風土とその営みからしか生まれ得ない、「我々の」作品です。

 

音色工房 音楽監督の佐藤一紀氏を筆頭に、実働メンバー一同、『邪宗門』の壮絶な内実を背負いつつ、全身全霊で取り組んでいます。

 

どうかご認知頂き、各界のクリエイティブな人々が注目する平野一郎氏の最大規模作品「モノオペラ・邪宗門」に是非お越しください。

チケットご希望の方は、お知らせ下さいませ。

 

 

音色工房インタビューコラム連載中

☞ http://musicmessagejp.dtiblog.com/blog-entry-198.html

 

 


女声と映像、15楽器によるモノオペラ
Mono-Opera for FemaleVoice, Visual & 15 Instruments
邪宗門
JASHUMON

〜南蛮憧憬の彼岸へ〜
~Beyond the Occidentalism~


 

●日時●
2013年2月22日(金)
開場:18:00/開演:18:30(終演予定21:00頃)

 

●会場●
いずみホール

●料金●
前売4,800円/当日5,500円/学生3,500円(当日のみ)
(全席当日指定、座席引換開始17:30~)

●チケット取り扱い●
いずみホールチケットセンター
窓口:〒540-0001大阪市中央区城見1-4-70[いずみホール正面入口東側]
電話:06-6944-1188 10:00-17:30日祝休み(電話&窓口)

オフィス・ミュージックメッセージ
電話:0797-51-3935 担当・柳楽(なぎら)
WEB:オンラインショップ

イープラスe+
WEB:eplus.jp
(「邪宗門」「音色工房」等で検索)

 

●お問合せ●
オフィス・ミュージックメッセージ
0797-51-3935/090-3874-0842担当・柳楽(なぎら)

 

 

●出演●

 

音色工房
音楽監督・指揮:佐藤一紀
作曲:平野一郎
女声:吉川真澄
ピアノ:堤聡子
映像:前田剛志

 

音色工房オフィシャル・ウェブサイト

 


◎ゲストプレイヤー◎
コンサートマスター&ヴァイオリン1°:ヤンネ舘野
ヴァイオリン2°:ビルマン良弓光
ヴァイオリン3°:谷本華子
ヴァイオリン4°:根垣りの
ヴィオラ1°:岡本名那子
ヴィオラ2°:安積宜輝
チェロ1°:金子鈴太郎
チェロ2°:福田浩丈
コントラバス:長谷川順子
フルート:森本英希
オーボエ:佐藤麻咲
クラリネット:吉田誠
ホルン:吉野元章
トランペット:横田健徳

◎舞台監督◎
森正人



■企画■
音色工房

■主催■
モノオペラ〈邪宗門〉制作委員会

■協力■
音色工房支援倶楽部
ワオンレコード
アートコートギャラリー

■マネジメント■
オフィス・ミュージックメッセージ

■宣伝美術■
才村昌子

■協賛■
㈱伸和企画、㈱ヨシダ商事運輸、㈱アルファーロジ、
㈱斎藤商運、中国通運㈱、古川運送㈱、
㈱ロジコンエイト、丸周運送㈱、清水運輸㈱
(以上、11月22日現在 )

0 コメント

2013年

2月

09日

ピティナ入賞者記念コンサート ゲスト出演

『音色工房』ウェブサイトオープン

モノオペラ『邪宗門』チケット発売

 ●インタビューエッセイ「再演・邪宗門」連載開始

 

郷里・神戸で行なわれる演奏会にゲスト出演する事になりました。

 

第9回ピティナ入賞者記念コンサート


2013年2月11日(祝)

開演16:50

舞子ビラ神戸 あじさいホール

入場料 ¥1.500

 

主催/全日本ピアノ指導者協会明石連絡所

後援/スガナミ楽器株式会社

 

ゲスト演奏 堤聡子

 

バルトーク・ベラ:アレグロ バルバロ

平野一郎:二つの海景

 

0 コメント

2013年

1月

11日

【緊急告知】アートサロン「モノオペラ〈邪宗門〉への誘い」」

『音色工房』ウェブサイトオープン

モノオペラ『邪宗門』チケット発売

 ●インタビューエッセイ「再演・邪宗門」連載開始

 

【緊急告知】  

1/13(日)13時から大阪にて、音色工房支援倶楽部のバックアップのもと、モノオペラ〈邪宗門〉のプレイベントを開催します。

 

音色工房のクリエーター陣、平野・前田、両氏によるお話を中心に、凄まじい作品世界を読み解く、貴重なヒントに出会える予感。

 

是非ご参加下さい。

 

 

 

●プレイベント●


アートサロン「モノオペラ〈邪宗門〉への誘い」


日時:1月13日(日)午後3時〜
場所:大阪/アートコートギャラリー

 

前半はメインスピーカーに作曲家・平野一郎氏/美術家・前田剛志氏、そしてピアニスト・堤聡子氏をお招きし、作曲家・演奏家・美術家の本格的なコラボレーションである詩・北原白秋/作曲・平野一郎のモノオペラ〈邪宗門〉についてお話を伺います。今回のサロンでは、その奥深い作品世界を読み解く、またとない機会です。
後半はささやかなワインやフードをご用意しております。パーティ形式のフリートークをお楽しみください。


Ⅰ:北原白秋「邪宗門」について
 「邪宗門」概要
 これまでの評価
 「邪宗門」を読み直す
Ⅱ:モノオペラ〈邪宗門〉のこと
 〈邪宗門〉概要 
 音楽について
 映像について
 言葉×音楽×映像
Ⅲ:今なぜ〈邪宗門〉なのか?
 コンテンポラリーから光をあてる
 封じられた、もうひとつの「日本」
 本公演への謎かけ
 本当の“コラボレーション”
 舞台の現場から

etc...

◎ナビゲーター:柳楽正人(オフィス・ミュージックメッセージ)
◎メインスピーカー:平野一郎(作曲家)・前田剛志(美術家)、
 スピーカー:堤聡子(ピアニスト)
◎協力:八木光惠(アートコートギャラリー)、小伏和宏(ワオンレコード)
◎世話人:才村昌子

◎参加費:500円 

要予約 、メールにてお申し込みください。
メール:音色工房支援倶楽部

アートコートギャラリーへのアクセス

0 コメント

2012年

12月

18日

インタビューエッセイ『再演・邪宗門』連載開始

『音色工房』ウェブサイトオープン

モノオペラ『邪宗門』チケット発売

 

来年2月に予定しているモノオペラ〈邪宗門〉

 

公演のマネージメント等でお世話になっているのが、オフィス・ミュージックメッセージの代表・柳楽正人氏です。

 

この度、柳楽氏執筆によるインタビューエッセイ『再演・邪宗門』の連載が、ウェブ上にてスタートしました。

 

音色工房は、作曲家平野一郎/演奏家佐藤一紀・吉川真澄・堤聡子/美術家前田剛志5人による芸術ユニット。

 

柳楽氏は、〈邪宗門〉再演へ向けたメンバーの尋常ならざる情熱を広く伝えたい、と延べ十数時間におよぶ個別インタビューを計画・慣行。

時に交錯し、時に符号し、時に絡み合うそれぞれの立場や想いを、氏の視点を通して再構築し、モノオペラ〈邪宗門〉における音色工房の実像をあぶり出そうとする試みです。

 

連載は計14回に及ぶそうで、個々のインタビュー内容を一切知らされていないメンバー一同、少々緊張の面持ち。

 

回を重ねるごとに、知られざる関係性が明らかになってゆく予感。

 

是非、ご一読下さい。

 

 

オフィス・ミュージックメッセージ代表 柳楽正人  執筆

 

再演・邪宗門 (全14回 予定)

 

 

チケット発売中!!

詳細はこちらをご覧下さい

0 コメント

2012年

11月

30日

モノオペラ『邪宗門』チケット発売

2011年1月、大きな反響を頂いた「音色工房」のモノオペラ〈邪宗門〉。

以来、活動の継続を模索して参りましたが、2013年2月22日いずみホールにて、ついに再演が決定しました。

 

是非、多くの皆様にお越し頂き、多元的な作品世界の魅力を存分に体験して頂きたく存じます。

 

 

女声と映像、15楽器によるモノオペラ
Mono-Opera for FemaleVoice, Visual & 15 Instruments
邪宗門
JASHUMON

〜南蛮憧憬の彼岸へ〜
~Beyond the Occidentalism~

 

●日時●
2013年2月22日(金)
開場:18:00/開演:18:30(終演予定21:00頃)

●会場●
いずみホール

 

   ◎音色工房

音楽監督・指揮:佐藤一紀
作曲:平野一郎
女声:吉川真澄
ピアノ:堤聡子
映像:前田剛志

 

◎ゲストプレイヤー◎
コンサートマスター&ヴァイオリン1°:ヤンネ舘野
ヴァイオリン2°:ビルマン良弓光
ヴァイオリン3°:谷本華子
ヴァイオリン4°:根垣りの
ヴィオラ1°:岡本名那子
ヴィオラ2°:安積宜輝
チェロ1°:金子鈴太郎
チェロ2°:福田浩丈
コントラバス:長谷川順子
フルート:森本英希
オーボエ:佐藤麻咲
クラリネット:吉田誠
ホルン:吉野元章
トランペット:横田健徳

◎舞台監督◎
森正人

 

■企画■
音色工房

■主催■
モノオペラ〈邪宗門〉制作委員会

■協力■
音色工房支援倶楽部
ワオンレコード
アートコートギャラリー

■マネジメント■
オフィス・ミュージックメッセージ

■宣伝美術■
才村昌子

■協賛■
㈱伸和企画、㈱ヨシダ商事運輸、㈱アルファーロジ、
㈱斎藤商運、中国通運㈱、古川運送㈱、
㈱ロジコンエイト、丸周運送㈱、清水運輸㈱
(以上、11月22日現在。
当日公演プログラムへの協賛広告は随時募集中です。
まずは音色工房支援倶楽部事務局にお問合せを。)

 

 

チケットは私の手元にもございます。

ご希望の方はご連絡下さいませ。

 

詳細はActivities、または音色工房 OFFICIAL WEBSITEへ。

 

フライヤーのPDFはこちらからダウンロード出来ます。

0 コメント

2012年

10月

23日

吉川真澄 ソプラノリサイタル

11月24日(土)、吉川真澄氏のリサイタルに出演します。

 

ソプラノ歌手「吉川真澄」を育てる会主催による岸和田でのリサイタルは、もはや恒例の催しとか。

私自身は昨年春のチャリティーコンサートでご一緒して以来、二度目の出演となります。

詳細はActivitiesをご覧下さい。
0 コメント

2012年

10月

02日

インタビュー記事が掲載されました

 

宮津瓦版10月号に、『花影の小径』企画監修・平野一郎氏のインタビュー記事が掲載されました。

クリックで拡大

宮津瓦版10月号
宮津瓦版10月号
0 コメント

2012年

9月

30日

紹介記事が掲載されました

花影の小径・宮津公演についての紹介記事が、京都民報に掲載されました。

記者H氏による我が家での取材は長時間にわたり、とても楽しいひと時となりました。

京都民報2012.10.1
京都民報2012.10.1
0 コメント

2012年

9月

28日

神戸平安教会チャペルコンサート

 

10月7日(日)、神戸で演奏することになりました。

 

神戸平安教会 創立記念日

■第4回 チャペルコンサート■

 

2012年10月7日(日) 14:00開演(13:30開場)

日本基督教団 神戸平安教会

 

●入場料●

¥500

 


●プログラム●

シューマン:森の情景 op.82

ショパン:バラード第2番 op.38

ショパン:バラード第3番 op.47

ほか

 

 

●お問い合わせ●

日本基督教団 神戸平安教会

〒657-0832神戸市灘区岸地通5-2-17
tel. 078(861)3668 fax. 078(806)2108

 

※駐車場はありませんので電車でお越し下さい。

 

0 コメント

2012年

8月

27日

『音色工房』ウェブサイトオープン

花影の小径 〜堤聡子(ピアノ) & 才村昌子(銅版画)の世界〜

宮津公演・加古川公演のお知らせ● 

 

作曲家の平野一郎とヴァイオリニストの佐藤一紀を共同主宰とするユニット「音色工房」(オンショクコウボウ)。

 

これまでも様々に共同して来たお二人ですが、2011年、ユニットの旗揚げ公演であるモノオペラ『邪宗門』でもアンサンブルの要として参加し、苦楽を共にしました。

 

公演後、ソプラノ歌手の吉川真澄氏・映像作家の前田剛志氏と共にユニット正式メンバーとして加わり、活動継続の可能性を模索して参りましたが、ついに『邪宗門』再演が決定しました。

 

そしてこの度、音色工房のオフィシャル・ウェブサイトがオープンしました。

以下にご案内します。

 

◆   ◆   ◆

 

 

◆「音色工房オフィシャル・ウェブサイト」オープン


音色工房オフィシャル・ウェブサイト

 
この度、公式ウェブサイトをオープン致しました。
最新の公演情報・関連イベント情報をはじめ、音色工房の活動と作品をご紹介する各種トピックも充実させてまいりますので、今後チェックして頂ければ幸いです。

 


◆「音色工房支援倶楽部」からのお誘い

 

「音色工房支援倶楽部」は、音楽をはじめ隣接する芸術・文化の分野で 活動する有志が中心となって2012年に立ち上げました。

新しい表現は、発表されてこそ息吹を与えられ「作品」となります。 
同倶楽部では、「音色工房」作品の再演および新作発表、また今後の継続的な活動を
より充実したかたちで実現させるため、皆様からの経済的なご支援・ご協力を広く募っております。

同時代に生きる私たちだからこそ可能な、 芸術表現への積極的な関わり方について、ともに考え活動してみませんか。
活動にご興味のある方は、「音色工房ウェブサイト」にて詳細をご確認下さい。
ご参加をお待ちしております。

(世話人:才村昌子/事務局:前田真由子、清澤暁子) 

 

0 コメント

2012年

8月

20日

才村昌子 銅版画 個展「うつしみる」

花影の小径 〜堤聡子(ピアノ) & 才村昌子(銅版画)の世界〜

宮津公演・加古川公演のお知らせ

 

10月13・20日に予定されている『花影の小径』で共謀関係にある、銅版画家&デザイナーの才村昌子氏が、大阪で個展を開催されます。

 

 

才村昌子銅版画 個展 「うつしみる」
September 10-15, 2012 BANGAROW


うつしみるとは、その根底にある心を震わすものを探る旅。
現と対称でありながら、決して同質ではないパラレルな空間の無限の広がり、
その世界を移行する感覚を銅版画は、ぎゅっと刻印するような熱を帯びています。
本展は、デザイナーである作者が近年取り組んだ銅版画初の個展となります。
ぜひご高覧ください。


■会期:2012年9月10日(月)−15日(土)
■会場:番画廊 
〒530-0047大阪市北区西天満2-8-1大江ビル1F
Tel/Fax: 06-6362-7057
■開廊時間11:00 ~19:00土曜日は17:00まで
■オープニング・パーティ:9月10日(月)18:00 ~

 

詳細はこちら

クリックで拡大
クリックで拡大

才村昌子さんとの出会いは2007年冬。

知人の演奏会の打ち上げの席で、ご一緒しました。

 

同世代の女性美術家。

粋な着物姿で現れた彼女にほのかな興味を抱きつつ、それほどたくさんはお話できないまま、素敵な名刺をいただいて別れました。

 

ちなみにこの日、出会った方がもう一人。

打ち上げに才村さんと同席されていたワオンレコード小伏和宏氏です。

10月の「花影の小径」で協賛下さっています。

 

2009年夏、絵画個展のご案内を頂き、そのリーフレットに魅かれてギャラリーを訪問。

謎めいた余韻漂う作品群は、私の心に、より強い印象を与えました。

作品について、多くのお話を伺いました。

 

あれから3年。

今回は、彼女にとって初の銅版画展とのこと。

 

 

心を震わすものを探る旅。

 

 

同じ画を素材として別デザインを施された二つのリーフレットに、呼応し合う予感とでも言うべきメッセージが透けて見えるような気がします。

 

楽しみな個展です。

皆様も是非、お運び下さい。

 

※才村氏のHPから、両リーフレットのPDFデータをダウンロード出来ます。コチラへどうぞ。

 

 

0 コメント

2012年

8月

07日

花影の小径 〜堤聡子(ピアノ)×才村昌子(銅版画)の世界〜

今秋10月、新たなプロジェクトをスタートさせます。

 

 

 

花影の小径

堤聡子(ピアノ) × 才村昌子(銅版画) の世界

 

企画監修 平野一郎

宮津公演:2012年10月13日(土) みやづ歴史の館

加古川公演:2012年10月20日(土) 松風ギャラリー 2Fホール

クリックで拡大
クリックで拡大

◆プログラム◆

 

ロベルト・シューマン:森の情景 (1849)
フレデリック・ショパン:バラード 第2番 (1839)
モーリス・ラヴェル:悲しみの鳥 (1905)
平野一郎:二つの海景 (2004-2011)
クララ・シューマン:ロマンス (1836)
フレデリック・ショパン:バラード 第3番 (1841)
エルネスト・ショーソン[平野編]:リラの花咲く頃 (1886)   

 

 

才村昌子氏の銅版画はご入場後の会場ロビーに展示致します。

開場から開演までの間や休憩中などにご覧頂けます。

 

◆   ◆   ◆

 

       <制作>「花影の小径」プロジェクト

 <協力> 花影の会

<協賛> ワオンレコード


 

それは、女性芸術をめぐる、とりとめのない会話が発端でした。


花と女性の精神性をモチーフとする才村昌子さんの銅版画のコンセプトに響き合いつつ、音楽自体もまた花香り草木繁る秘密に満ちた庭園のような世界を...と選んだプログラム。

 

これまで様々に共同してきた、作曲家・平野一郎氏が企画監修 ("花影の小径"への誘い)

氏の新作「二つの海景」も初演の予定です。

 

クリックで拡大
クリックで拡大

リーフレットのPDFデータをダウンロード出来ます

才村氏のHPへどうぞ

 

 

画と音の世界を行き来し、ときに距離を測ったり奥に分け入ったりしながら、秘められた物語を辿る…そんな時間になれば、と希っています。


詳細はActivitiesへどうぞ。

 

0 コメント

2012年

2月

19日

水底の星

石豊久&堤聡子 デュオ・コンサート2006 のパンフレットに寄稿した文章が、作曲家・平野一郎氏のホームページに掲載されました。

 

 

■『水底の星』に寄せて■ ピアニスト・堤聡子

 

 

0 コメント

2012年

1月

19日

イベント

甲陽音楽学院(神戸校)のイベントで一曲、弾く事になりました。

 

2012年2月11日(土・祝)

14:30開演 (14:00開場) ※終演予定18:00

 

兵庫県立文化芸術センター 神戸女学院小ホール

入場無料

 

 

演奏曲は、バッハ=ブゾーニ作曲 シャコンヌ の予定です。

 

詳細→甲陽音楽学院HP

 

0 コメント

2011年

11月

03日

◆7/24 東日本大震災復興支援コンサートご報告◆

加古川フィルハーモニー第34回定期演奏会

(ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番)のお知らせ

 

 

7/24、神戸・松方ホールで行われたジョイントコンサート

たくさんの聴衆に恵まれました。

皆様のご協力に感謝します。

有り難うございました。

 

以下、主催の甲陽音楽学院からの、寄付の内容についてのご報告です。

 

----------------

 

今年7月24日(日)におこなわれた「東日本大震災復興支援 クラシック&ジャズ ジョイントコンサート」の収益金の一部を日本赤十字社さまに寄附させて頂きました(50,000円)。

 
同時に、24日の当日に募った募金と甲陽音楽学院で集めていた募金とを合わせて、同じく日本赤十字社さまに寄附させて頂きました(41,344円)。

この支援金が有意義に使われ、一日も早く現状に近く復興することをお祈り申し上げます。


また、同コンサートの収益金の一部を浜風の家さま(児童厚生施設)にも寄附させて頂く予定です。


甲陽音楽学院は社会の一員として、今後も音楽を通しての社会貢献活動に力を注いでいきたいと思っております。

 

甲陽音楽学院神戸校 スタッフブログより


出演者一同
出演者一同
0 コメント

2011年

9月

27日

加古川フィルハーモニー 第34回定期演奏会

演奏会情報を追加しました。

ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲 第2番のソリストをつとめます。

ご一緒するのは、兵庫県の加古川フィルハーモニー

前身の「アンサンブル・トパーズ」は1972年の発足。

以来、地域に根差した活動を続けておられる市民オーケストラです。

 

指揮は、多方面でご活躍の今西正和氏。

初共演となる今回の舞台、とても楽しみです。

 

詳細はActivitiesへどうぞ。

0 コメント

2011年

5月

28日

クラシック&ジャズ ジョイントコンサート

演奏会情報を追加しました。 
ジョイントコンサートに出演します。
詳細はActivitiesへどうぞ。

 

2011年

4月

27日

東日本大震災復興支援講演会

4月30日(土)、財団法人 圓山記念日本工藝美術館(兵庫県姫路市)における<東日本大震災復興支援講演会>にて、急遽、一曲弾く事になりました。
元米国ボストン美術館館長ヤン・フォンタイン博士、圓山記念日本工藝美術館館長 井尻益郎先生による講演です。
聴講ご希望の場合はFaxでの申し込みが必要です。
詳細はこちらをご覧下さい。 

 

 

2011年

4月

26日

◆4/19 チャリティーコンサートのご報告◆

4/19、ソプラノ歌手吉川真澄氏の呼びかけにより行われたチャリティーコンサート

当日は東日本大震災被災者への義援金を募りました。

ご来場、ご協力に感謝します。

 

総額330,000円の募金が集まったと伺っています。

これらは吉川氏を通じて、「みやぎ夢フォーラム」に送金されました。

 


2011年

4月

12日

チャリティーコンサート

ソプラノ歌手吉川真澄氏の呼びかけによるジョイント形式のチャリティコンサートに参加することになりました。
氏とは松方音楽賞のガラコンサートで出会い、「音色工房」での共演以来、今回が二度目の舞台です。
ヴォルフ、シューベルトによる、春にちなんだ歌曲を伴奏する予定です。
詳細はActivitiesへどうぞ。

 

 

なお、当日は東日本大震災被災者への義援金を受け付けます。
寄せられた義援金は吉川氏が合唱指導で関わっておられる「みやぎ夢フォーラム」を通じて宮城県の復興に当てられます。

2011年

1月

19日

音色工房

演奏会情報を追加しました。 
新しい音楽ユニット 音色工房 の立ち上げ公演に参加します。

 

オンショクコウボウ
音色工房
ATELIER TIMBRE


ヴァイオリニスト・佐藤一紀と作曲家・平野一郎を共同主宰とする新ユニット。

同時代に生きる作曲家と演奏家が対等に向き合い、

対話と葛藤の坩堝(るつぼ)から新たな音楽を産み結ぶ、

“職人集団”たることを志しています。

 

 

詳細はActivitiesへどうぞ。 

 

〜2010年


更新情報 (2010.11.13) 
元NHK交響楽団ホルン奏者、宮田四郎氏とのミニコンサートの情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


更新情報 (2010.5.12) 
演奏会情報を追加しました。 Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2010.4.2) 
昨年に引き続き、「第21回 京都フランス音楽アカデミー」を受講、修了しました。
今回はC.イヴァルディ氏のピアノ室内楽クラスに参加。
フランスが誇る大家による数々のレッスンに接し、忘れがたい濃厚な2週間でした。 


更新情報 (2009.12.05) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


更新情報 (2009.7.11) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2009.4.2) 
「第20回 京都フランス音楽アカデミー」に於いて、O.ガルドン氏のピアノソロクラスを受講、修了しました。
多くの素晴らしい音楽家に囲まれ、大変刺激的な2週間でした。 


更新情報 (2008.5.16) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2008.4.10) 
堤聡子ピアノリサイタル2008 〜ロマン主義の見えざる水脈を辿って〜』(於:神戸新聞松方ホール)を終えました。
400人を越す聴衆に恵まれ、貴重な経験となりました。有り難うございました。
今後も一層の努力を続けます。 


◆お知らせ◆ (2008.2.25) 
3月1日、作曲家・平野一郎氏の青山音楽賞受賞披露演奏会に出演します。
詳細はActivitiesへどうぞ。 
※好評を頂きました。 演奏の様子はこちら 


更新情報 (2008.2.12) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2008.1.25) 
昨年8月に出演した『作曲家 平野一郎の世界 〜神話・伝説・祭礼....音の原風景を巡る旅〜 』(於:青山音楽記念館バロックザール)で、平野氏が「2007年度第17回青山音楽賞」を受賞されました。 
 作曲家・平野一郎のブログ 


◆お知らせ◆ (2007.11.22) 
堤聡子ピアノリサイタル2008 〜ロマン主義の見えざる水脈を辿って〜』のチケットが発売になりました。
詳細はActivitiesへどうぞ。 


更新情報 (2007.11.1) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


更新情報 (2007.9.26) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2007.7.29) 
9月21日、スイス・ローザンヌ在住のヴァイオリニスト、粟野祐美子さんのリサイタルに出演します。
チャリティーコンサートです。 
詳細はActivitiesへどうぞ。 
※ご来場ありがとうございました。入場料(合計\85,000)は全て、京都新聞社会福祉事業団へ寄付されます。 


更新情報 
8月1日、京都府宮津市でのジョイントコンサートにゲスト出演することになりました。
詳細はActivitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2007.6.19) 
現代芸術の批評誌としてweb上で公開されているオンライン・マガジン「diaTXT」に、『(財)青山財団助成公演 石豊久&堤聡子 デュオコンサート 2007(2007.8.27開催)のレビュー記事が掲載されました。 

オンライン・マガジン「diaTXT」
メインページ左下の「review」ボタンをクリック。雑誌を開いた状態のイラストが表示されます。
本をめくる要領で右端をクリックしていくと、レビューが次々と閲覧出来る仕組み。
 

ちなみに、演奏会の企画者でもある作曲家・平野一郎氏の記事に対するコメントは こちら

◆お知らせ◆ (2007.5.5) 
弦楽とピアノによる作品展 作曲家 平野一郎の世界』(8/23・8/26)のチケットが発売されました。
インターネットでも購入出来ます。詳細はActivities へどうぞ。
 → 作曲家・平野一郎のブログ 


更新情報 (2007.4.28) 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


更新情報 (2007.3.30) 
演奏会日程を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


◆お知らせ◆ (2007.2.26) 
3月25日(日)、滋賀県栗東芸術文化会館SAKIRAで行われる『さきらジュニアオーケストラアカデミー・成果発表会』に賛助出演することになりました。
子ども達の合唱を、四手連弾で伴奏します。
指揮は秋山和慶氏、連弾のパートナーは小石みなみ氏です。 
詳しくは、栗東芸術文化会館SAKIRAのHP内、イベント詳細情報まで。 


◆お知らせ◆ (2006.10.21) 
大東市立生涯学習センター・アクロスのHP内に、10/29の演奏会情報がupされました。 


更新情報 (2006.9.14) 
演奏会情報を追加しました。 Activitiesへどうぞ。 


更新情報 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


更新情報 
演奏会情報を追加しました。Activitiesへどうぞ。 


●ご招待● 
2006.4.23.(日)に行われる『芦屋交響楽団第65回定期演奏会』のご招待券を、先着5名様にプレゼントします。

※締め切りました。お問い合わせ有難うございました。